起業家、フリーランス

導入事例の一つは、起業家、フリーランスです。新しく会社を立ち上げたり、独立して自宅などでビジネスを行う人は、会社として、事業主としての機能をどうやって確保するか、知恵を絞るでしょう。その一つが電話代行サービスの利用です。

起業したての人は一人や二人で仕事を始めます。まずなんといっても、売上を確保しなければなりません。顧客を開拓し、契約し、売り上げを得ることが最初の目標です。何も実績のない会社や事業主に、あったこともないのに注文をする人はまずいないでしょう。直接あってビジネスプランを説明し、商品の良さを説明し、商談をまとめる必要があります。できるだけ日々の雑事から開放され、仕事を得ることに専念しなければあっという間に時が過ぎていきます。だからこそ、少ないコストで電話の取次ぎや転送、伝言の取次ぎなどを行ってくれる、自分の秘書のようなサービスは大変ありがたいものです。月額数千円から1、2万円程度のコストを払うことで、企画書や商品説明用の資料作成を行い、顧客にプレゼンする時間が取れるのです。

起業家やフリーランスは、事務所を借りるお金も惜しいはずです。自宅を事務所にしたり、コワーキングスペースで資料を作り、電話代行サービスを使って必要な電話だけ転送してもらえば、せっかくの良い話を逃すことはないでしょう。

参考HP【BUSINESS ASSIST
ビジネススタイルに合わせたプランを用意している電話代行サービスです。

リラクセーション、マッサージ

もう一つの具体例は、リラクセーション、マッサージ師です。通常、こういった業種では、雑居ビルの中や住宅団地の路面などに小さなスペースを借りて開業します。最初は一人で開業し、電話帳やホームページなどで広告出し、電話で予約を受け付けます。予約がなければ暇ですが、一人で施術をしている最中に電話が来ても受け付けが難しいです。何回電話が鳴っても出ないと、もうその方は二度と電話してくることはなく、大切なお客様を逃すことになります。このようなことを避けるためにも電話代行サービスは便利です。リラクセーション、マッサージ師は身体を直接触るサービスであることから、会社のイメージがとても大切です。こういった業態に実績のある電話代行サービス会社と契約することが大切でしょう。

きめ細かい対応をしてもらえるかどうかも重要です。予約注文の電話が電話代行サービス会社に入ったら、施術者に代わって予約を受け付けてもらい、予約が何時に入ったかだけを通知してもらえばよいのです。最小限の時間でお客様を待たせることなく施術と電話応対が両立できます。物腰が柔らかい、優しい応対をしてもらえれば、お客様の信用もバッチリでしょう。これで安心して施術に専念でき、サービス向上に全力を注ぐことができます。

電話代行を利用する動機

電話代行サービスを利用する人の最大の動機はコスト削減です。一般的に会社には事務所があり、電話があり、机があり、スタッフがいます。お客様の問い合わせの電話を受け、注文を聞き、苦情に対応し、逆に営業を行うというように、電話は欠かせないツールですし、電話応対の良しあしがビジネスの成否が左右されます。ビジネスは激しい競争の中でスピードが命です。そしていつも注文の電話が入るとは限りません。いつ来るか分からない問い合わせのために、電話応対するスタッフを常駐させておくのはコストがかさみます。資金力が限られ、売り上げもまだまだの会社、団体、個人事業主、フリーランスにとっては、それ以外にも様々な経費がかかり、キャッシュが社外に出ていく一方です。最初はできるだけコストを抑えたい会社にとって、強い味方が電話代行サービスなのです。

国内には電話代行サービス専門業者がたくさんあります。契約内容によってサービスは色々あり、採用したてのスタッフよりも、しっかりトレーニングされたプロが応対したほうが、的確な応対ができ、信用を得られることもあります。電話もツールの一つと割り切り、アウトソースすることは悪いことではありません。また電話番号を03にすることで、東京に住所を置いている会社としてちょっとハクがつけられます。

本サイトでは、どのような業種の人たちが、どのような理由で電話代行サービスを利用するのか、その特徴について具体的に説明します。