電話代行を利用する動機

電話代行サービスを利用する人の最大の動機はコスト削減です。一般的に会社には事務所があり、電話があり、机があり、スタッフがいます。お客様の問い合わせの電話を受け、注文を聞き、苦情に対応し、逆に営業を行うというように、電話は欠かせないツールですし、電話応対の良しあしがビジネスの成否が左右されます。ビジネスは激しい競争の中でスピードが命です。そしていつも注文の電話が入るとは限りません。いつ来るか分からない問い合わせのために、電話応対するスタッフを常駐させておくのはコストがかさみます。資金力が限られ、売り上げもまだまだの会社、団体、個人事業主、フリーランスにとっては、それ以外にも様々な経費がかかり、キャッシュが社外に出ていく一方です。最初はできるだけコストを抑えたい会社にとって、強い味方が電話代行サービスなのです。

国内には電話代行サービス専門業者がたくさんあります。契約内容によってサービスは色々あり、採用したてのスタッフよりも、しっかりトレーニングされたプロが応対したほうが、的確な応対ができ、信用を得られることもあります。電話もツールの一つと割り切り、アウトソースすることは悪いことではありません。また電話番号を03にすることで、東京に住所を置いている会社としてちょっとハクがつけられます。

本サイトでは、どのような業種の人たちが、どのような理由で電話代行サービスを利用するのか、その特徴について具体的に説明します。